爪やすり???

 

あるご高齢の方の爪切りに伺いました。

白癬の治療もしているのですが、皮膚科に行っても薬を出してくれるだけで何もしてくれずどんどん盛り上がって言っているそうで靴下を履くときにも引っかかるというお話でしたので、ご自宅に訪問してフットケアさせていただきました。

家にある爪切りを見せてもらうと
普通の爪切りと
爪やすりと
工具?!

「こっちのやすりは(爪やすり)はつかってない^^。もっぱらこっち」

「これ・・・工具のやすりですよね^^;」
「そうやっ。でもこれが一番!」

工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ Σ(゚Д゚ノ)ノェェ,,

普通の爪切りは刃先で爪を挟めないので、削るしかなく、削るにも普通の爪切りじゃ時間がかかる…そこで工具の金やすりとなったそうです。
爪切りをおこない整えると
「おぉぉ!!!足が軽い!靴下がはきやすい!びっくりや」

まだまだ外出できるご高齢の方です。
肥厚(盛り上がっている)爪で靴が圧迫していつも”重さ”を感じていたようでしたので”軽い”と感じたんでしょうね。

 

これからは入浴のあとなどに普通の爪やすりで削って薬を塗るようにおつたえしました。
巻き爪、肥厚爪…トラブルが歩くことをおっくうにさせてしまいます。
歩行余命を伸ばしてイキイキライフ♪♪
足の爪も時々ケアしてあげてくださいねっ

(更新:2016.07.11)