爪と骨盤美脚調整

ご高齢の方で巻き爪のケアに入っている方がいます。

ご自身で歩行できるのですが、両足の外反母趾がひどく、親指と人差し指が重なり爪も何層も重なり固くなっています。根元からの盛り上がりもないので白癬ではないようです。

爪は内側に巻いていく生えていく性質をもっています。生えてくる過程と正しく体重が乗らないことが重なり巻き爪が起こります。巻き爪が食い込むと痛みがおこりますよね。

皮膚科を受診し矯正することは可能です。ただ、なかなか外出機会が難しくなってきているご高齢の方にとってはそれだけでおっくうになってくるのが現状です。かかわり始めて、ちょっとずつケアをしていましたので、昨年7月の状態でも巻き爪が食い込んで傷になるということは避けてきました。

それでも重なっている指は開きにくく、はさみを入れるのも硬くて…12月から本格的に骨盤美脚調整+巻き爪ケアをさせてもらうことにしました♪

骨盤美脚調整2回経過後の足です。
爪ケアを行ってから骨盤美脚調整をさせてもらっています。

すでに足指の重なりが一部解消されているんです!これにはご本人もびっくり。

「5本指ソックスはくの大変やってん。足の指が寄りすぎて手の指がはいらへんで…はくのに一苦労やったけど今困らへん。左足、なんて全然かさならへんからびくりや!」

 

右足の重なりは膝の変形がすごく強いので立ち上がりの際や歩く際にまだ見られています。しかしびっくりなほど柔らかく指が広げられるので、爪切りも苦労しません♪こうやってしっかり足指が床につけられ、身体全体の調整を行っていくと確実に歩行の状態は変わりますし、巻き爪も改善されます。今後が楽しみです♪
(2016.1.10更新)